凡例

凡例

使用されている記号などの意味をご説明します。

1. ◆:訳語部と補足説明の境界を示す

訳語部と補足説明の境界を示す。


例:
  • Wizard of Oz:【映画】《The 〜》オズの魔法使い米1939《監督》ヴィクター・フレミング《出演》ジュディ・ガーランド、フランク・モーガン《受賞》アカデミー音楽賞、歌曲賞

2. { }:漢字の読み仮名を示す

漢字の読みがなを示す(すべての漢字に読み仮名が付けられているわけではない)。

  • 実際の検索結果ページ上では、薄いグレーの文字色で表示される。また、環境設定ページの「読みがな」の項目で「表示(ON)」を選択していると表示され、「非表示(OFF)」をクリックすると非表示となる(初期設定:非表示(OFF))。
例:
  • wizard:【名】1. 男の魔法使い{まほうつかい}、魔術師{まじゅつし}

3. [ ]:訳語部において、置き換えて使える語を示す

訳語部において、置き換えて使える語を示す。置き換えて使える語が2つ以上ある場合、[ ]内において「・」で区切る。


例:
  • gather intelligence:情報を集める[収集する]
  • gauge:【他動】大きさ[太さ・容量]を測定する

4. ( ):訳語部において、省略して使える語を示す

訳語部において、省略して使える語を示す。省略して使える語が2つ以上ある場合、( )内において「・」で区切る。


例:
  • flip:【1他動】 : 〜をはじく、〜を(ポンと・ヒョイと・パッと)投げる

5. ~:英和の見出語部において、その位置に目的語が来ることを示す

半角の波形記号(ウェーブダッシュ)は、英和の見出し語のその位置に目的語が来ることを示す。ただし、見出し語部の末尾に目的語が来る場合には、「~」は省略されている。


例: 目的語が人間に限定される場合は someone と記載。

6. 〜:英和の見出語部において英語が何らかの目的語を取る場合、訳語部におけるその目的語に相当する部分に用いる

全角の波形記号は、見出し語部の英語が何らかの目的語を取る場合、訳語部においてその目的語に相当する部分に用いる。


例:

7. …:目的語が2つある場合、2つめの目的語を示す

目的語が2つある場合、2つめの目的語は、訳語部においてのみ三点リーダで示される(見出し語部では使用されない)。


例:
  • define ~ as:〜をと定義する、〜をだと考える

8. 発音:見出し語の発音記号での表記

見出し語を発音記号で表記したもの。アクセントは母音の上に、“ ´ ”(第1強勢)と、“ ` ”(第2強勢)で表示。発音が2通り以上ある場合は、「 | 」で区切られてリストされている。


例:
  • adoptレベル3、発音ədɑ́pt | ədóptカナアダプト、アドプト、変化《動》adopts | adopting | adopted、分節a・dopt
  • internationalレベル2、発音ìntərnǽʃənlカナインターナショナル、インタナショナル、変化《複》internationals、分節in・ter・na・tion・al

9. 発音:「発音に注意!」という意味

「発音に注意!」という意味。


例:
  • acheレベル4、発音éikカナエイク、変化《動》 aches | aching | ached
  • anxiousレベル2、発音ǽŋkʃəsカナアンクシャス、分節anx・ious

10. カナ:見出し語の発音をあえてカタカナ表記したもの

見出し語の発音をあえてカタカナ表記したもの。カタカナ表記では正しい発音の習得への貢献は期待できないが、「発音記号が読めないのでカタカナで示してほしい」というリクエストに応じて、可能な限りカタカナ表記での発音を記載。


例:
  • takeレベル1、発音téikカナテイク変化《動》 takes | taking | took | taken
  • anxiousレベル2、発音ǽŋkʃəsカナアンクシャス分節anx・ious

11. 分節:単語の区切り位置を「・」で示す

単語の区切り位置を「・」で示す。


例:
  • anxiousレベル2、発音ǽŋkʃəsカナアンクシャス、分節anx・ious

12. レベル:語彙の使用頻度などを元に分類したアルクの SVL(Standard Vocabulary List)に準じるレベル

語彙の使用頻度などを基に分類したアルクの SVL(Standard Vocabulary List)に準じるレベル。12,000 の語彙が 12 のレベルに分類されている(SVL の詳細情報はこちら)。


例:
  • acheレベル4発音éikカナエイク、変化《動》 aches | aching | ached
  • managerialレベル10発音mæ̀nədʒíəriəl分節man・a・ge・ri・al

13. 変化:変化形(複数形・活用形・比較級)のスペリングを示す

見出し語の変化形(動詞:三人称単数現在形・現在進行形・過去形・過去分詞形、形容詞・副詞:比較級・最上級、名詞:複数形)のスペリングを示す。


例:
  • getレベル1、発音gétカナゲット、変化《動》gets | getting | got | gotten
  • brightレベル2、発音bráitカナブライト、変化《形》brighter | brightest
  • birdレベル1、発音bə́ːrdカナバード、変化《複》birds

14. 品詞ラベル、スピーチレベル、分野ラベルなど

「英辞郎」収録語彙に付与されている代表的な品詞ラベル、スピーチレベル、分野ラベルなど。

【名】名詞
【代】代名詞
【形】形容詞
【動】動詞
【他動】他動詞
【自動】自動詞
【句動】句動詞
【助】助動詞
【副】副詞
【接】接続詞
【間】間投詞
【前】前置詞
【略】略語
【組織】組織名
(会社名、団体名など)
【反】反意語
【対】対語
【名】名詞形
【類】類語
【動】動詞形
【同】同意語
《イ》インターネット
《コ》コンピュータ
《レ》レターや E メールの文例
《医》医学
《薬学》薬学
《化学》化学
〈米〉アメリカ英語
〈英〉イギリス英語
〈豪〉オーストラリア英語
〈NZ〉ニュージーランド英語
〈アイル〉アイルランド方言
〈スコ〉スコットランド方言
〈俗〉俗語
〈米俗〉アメリカの俗語
〈話〉話し言葉(口語表現)
〈文〉文語(書き言葉)
〈米話〉アメリカの話し言葉
(口語表現)
〈野球俗〉野球で使われる俗語
〈米海軍俗〉米海軍で使われる俗語

15. 表現パターン:見出し語に関する表現のバリエーション

見出し語に関する表現のバリエーション。置き換え記号省略記号を用いることで、表現の組み合わせを提示するもの。


例:
  • meeting of shareholders表現パターン(general) meeting of shareholders [stockholders]
    例えば上記の場合は、以下の表現パターンがあるということ。
    general meeting of shareholders
    meeting of shareholders
    general meeting of stockholders
    meeting of stockholders

16. URL:見出し語に関連するウェブサイトのURL

見出し語に関連したウェブサイトの URL(アドレス)。URL はリンクになっているので、クリックしてリンク先の内容を参照可能

  • リンク先の URL の変更などの事情により、ウェブサイトを表示できない場合もあります。あらかじめご了承ください。
例:

17. 音声を聞く:音声が収録されている英単語に表示されます

音声が収録されている英単語に表示されます。右にある音声を聞くをクリックすると、音声が再生され、その英単語の発音が確認できます。


例:
  • ache音声を聞く音声を聞く レベル4、発音éikカナエイク、変化《動》 aches | aching | ached