語学学習のスペースアルク(SPACE ALC)がお届けする進化するオンライン英和・和英辞書『英辞郎 on the WEB』。大学生やビジネスパースンから翻訳家、医療・製薬業関係者の方々まで幅広くお使いいただいております。
ALC Online Shop

英辞郎データ提供元 EDP のサイトへ
検索文字列 無駄骨 該当件数 : 14
* データの転載は禁じられています。  
  • 無駄骨
    • fruitless labor
    • fruitless task
    • labor in vain
    • needle in a haystack
    • pointless effort
    • waste of effort
    • waste of time
    • wasted energy
  • 無駄骨
    be for naught
  • 無駄骨だった気がする
    feel unappreciated(努力などが)
  • 無駄骨になる
    end up (being) wasted(努力・工夫などが)
  • 無駄骨
    【形】
      rewardless〔【対】rewardful
  • 無駄骨を折る
    • bay at the moon
    • beat [whip, flog] a dead horse
    • bite on granite
    • carry coals to Newcastle〔【直訳】(有数の石炭産地である)ニューキャッスルに石炭を運ぶ〕
    • catch at shadows
    • exert oneself to no purpose
    • go on a fool's errand
    • kick a dead horse
    • look for a needle in a bottle of hay〔【直訳】干し草の山の中から1本の針を捜す〕
    • look for a needle in a haystack
    • make bricks without straw
    • plow the sand
    • run after a shadow
    • spin one's wheels〈米俗〉
    • waste one's effort〔しばしばefforts〕
  • 無駄骨を折ること
    wild-goose chase〔【語源】野生のガンを捕まえることが大変な割に得られたものの価値が低いことから。最初にこの表現が使われたシェークスピアの「ロメオとジュリエット」では、ガンの動きをまねた一種の追いかけっこを指しており「相手(の無意味な動き)について行く」という意味で使われていた。2頭の馬を使うこのゲームでは、後ろの馬は先頭の馬を追い抜くまで、一定の距離を置いて先頭の馬の動きをそのまままねなければならなかった。しかし、この表現はシェークスピアの時代でもガンを捕まえることの苦労を指していたと考えられており、18世紀のSamuel Johnsonの辞書では現在の意味になっている。〕
  • 無駄骨折り
    vain effort
  • (人)に無駄骨を折らせる
    spin someone's wheels〈米俗〉
  • それだけの価値はあった。/甲斐があった。/無駄骨ではなかった。/損は無かった。/やって良かった。
    It was worth it.
  • どうやら無駄骨を折ったようだ。/やっても意味なかったかな。
    I guess it was a pointless effort.
  • 何だよ、くそ。わざわざここまで来たのに無駄骨かよ。
    Oh man, this blows. I came all the way here for nothing?◆【使い方に注意】blow〈俗〉
  • 僕たちはもう充分無駄骨を折ってきているんだ。
    We've been beating [whipping, flogging] a dead horse long enough.
  • 彼の努力は非難応酬ばかりでほとんど無駄骨に終わった。
    His efforts have turned out to be a great hue and cry to little end.